MENU

できる男になるには?目指せモテ男!
痩せ型の男性

 

【目次一覧】

男磨きの第一歩!できる男の見た目改善!

・イケメンの条件?小顔で第一印象をスッキリ見せたい→
・オヤジ顔の象徴ほうれい線くっきりの頬のたるみ、ブルドック顔解消法→
・かっこいい体型、女性に人気の細マッチョになる方法→

 

男臭さを一蹴して清潔感をアピール

・ギラギラテカる脂っぽい肌質が女子に引かれてる?目立つ毛穴改善するには→
・イイ歳してニキビ肌?ニキビ跡のあばたを治すスキンケアとは→
・髪の毛が薄くなって来た?M字禿げにならないためにできる事→
・好感度ダウンの最大要因?剃っても目立つ青ヒゲ対策→
・陰では汗っかきオヤジというあだ名で呼ばれている・・・→
・自分で気付かない口臭のキツさはデブやハゲより嫌われる原因→

 

コミュニケーションスキルこそできる男に不可欠!

・仕事ができる男の会話力を磨く→
・英会話は出来て当たり前?海外出張も難なくこなす英語力を身につける→
・真のグルメは隠れた名店より安くて美味しい居酒屋にあり?アテンドのリサーチ力→
・男の手料理を振る舞えれば、女子社員の評価も一気にアップ!→

 

センスは1日にして磨かれない

・普段着のおしゃれなファッションセンスを身につければ怖い物ナシ→
・持ち物でバレる男のレベル、質の良さは機能美から→
・「太った中年に似合う服なんて無い」はただの言い訳?デブのおしゃれはこうする→

 

 

 

できる男の定義って何?

 

できる男とはそもそも何を持って“デキるやつ”なのか?

 

いきなり質問ですが、あなたは出来る男ですか?
もしくは、ある程度でも「それなりにイケてる」と感じているでしょうか。

 

恐らく自分自身を「俺はデキる男だから」って信じてる方なら、インターネット上で、できる男になる方法を検索したりはしないですね。

 

 

会社を辞めて独立した元同僚のアイツはデキる男だったとか、性格としては嫌いな上司ながら、仕事はできるんだよなー、とか“出来る”も色々です。

 

もちろんあなたのいる環境や仕事の内容によっても“デキル”の能力は大きく変わってしまいます。

 

営業職であれば渉外能力、技術職であればアイデアや今までに培った経験値がモノをいうかもしれません。

 

ただ、とりあえず大ざっぱな一般論として、今の日本社会においてのできる男をひと言で表すなら?

 

それは「対応力に優れている人間」と考えていいでしょう。

 

さまざまな交渉相手や、とっさのトラブル発生時にも臨機応変に対処できる事。

 

モノ凄い早さで変化する現代社会人として一番求められているスキルと言っても過言ではありません。

 

とくに会社という組織で働く以上、チームとして行動するのは避けて通れません。

 

そこには業務の処理能力に長けているだけでなく、コミュニケーション力の高さが伴う事が要求されます。

 

そもそも仕事というものが相手があって始めて成立する事象です。

 

仮に個人で請け負ったプロジェクトだとしても、クライアントとの意思の疎通が図れなければ、スムースな進行とソリューションは望めないのです。

 

いくらアイデアが優れていても、それを自分一人で具象化させる事は不可能です。

 

何らかのカタチにするには時間も資金もなしに完成できません。

 

プロジェクト成功のためには、他人を説得できる力、自分の意志を正しく伝える能力を磨かなければならない理由です。

 

相手に興味を持って自分のことばを聞いてもらうためには、好印象を与えるところがスタートです。

 

結局のところ第一印象は「外見」。

 

見た目から入るしかないのです。

 

年齢のわりに覇気がなく、若々しさに欠けている。

 

中年太りを歳のせいにして、外見に気を使うそぶりがまったくない。

 

こんな男性社員は、周囲の協力を得にくく孤立しがちです。

 

仕事が上手くこなせるわけがありません。

 

 

例えば大企業に就職するための面接試験をジーンズ姿で受験すれば落ちるのは当然です。

 

それは社会人としての礼儀に欠けた行動だから。

 

サービス業で接客する場合なら身だしなみにはもっと気を使う必要が出て来ます。

 

それは俳優のようなイケメンであるとか、モデルのようにかっこいい男性という意味ではありません。

 

重要なのはその場にあったふさわしい身だしなみ。

 

そして大前提が“清潔感”です。

 

技術畑の人の中には、自分は会社に仕事に行っているのだから、どんな格好でも問題ないというケースも無くはないでしょう。

 

しかしながら、実際にはそれではアウトです。

 

自分の見た目を少し整えるだけで、人間関係という環境が円滑になるのだとしたら利用しないのはあまりに勿体ない事。

 

服装にちょっと気をつけただけで、部下の女子社員が気持ちよく頼まれ事を引き受けてくれる様になったら?

 

あなたは「デキる上司」と呼ばれるようになっているはず。

 

それよりなにより、派遣の女の子たちの評判が上がったらうれしいくないですか?

 

女性社員の人気が上がる。

 

それはすなわち会社の上司や先輩にできる男と認めてもらう、後輩から一目置かれる存在でもあるのです。

 

多くの男性が、もう少し、あるいは、もっと、「“できる”男になりたい!」と考えています。

 

自分の中の“できる男像”。

 

そのレベルに近づくために努力してみるのは、人間力アップにも繋がる行動として必要不可欠です。

 

もしあなたが、今の自分にあまり自信を持てていないのであれば、まずは外見から攻めていく事が手っ取り早い方法です。

 

見た目が変われば、内面の自信もつられて良い方向に引っぱられていくものです。

 

ファッションに疎いので見た目を気にするなんて面倒くさい、外見にお金をかけるのがバカらしい。

 

そんな風に考えている間は、できる男とは無縁でしょう。

 

自分の見栄えを良くする事は、立派に仕事のスキルでもあるのです。

 

もちろん形ばかりに捕われて、中身が追いついていなければ意味は無いです。

 

しかしながら、見た目にマイナスイメージでは一塁にも進めないという事実を忘れないようにして下さい。

 

服装のセンスといっても、社内ではスーツや作業着、もしくは制服というパターンも多いでしょう。

 

通勤着がカジュアルな私服ということでなければ、まずは中身である自分の体型改善から開始!
→ジムに通う時間がなくてもOK!できる男の筋トレはこちら

 

または、「最近疲れた顔してますね?」とか言われてしまうなら、スキンケアや老け顔対策を始めて、若返ってみて下さい!
→見た目の印象が変わる!男のアンチエイジング対策はこちら